べスパの需要が日に日に高まってくると共にエンリコピアジオは新製品の可能性を感じ、
そしてべスパの三輪車としてAPEは生まれました。
小型で機能的で燃費もよく非常に合理的に作られた乗り物です。

1948年 べスパの三輪自動車としてAPEの1号モデルが誕生。
イタリアではAPEを運転する為に運転免許は必要ありません。誰もが運転する事が可能です。運転の資格をもった労働者はが不足した戦後の都市でAPEがホームデリバリーサービスなどで活躍しました。APEは当時のイタリア経済の発展に大きく貢献しました。
1952年 夏にAPEのエンジンを125ccから150ccへ排気量をアップしました。
積載重量も200kgを超えました。
1954年 荷台に金属のあおりを採用。
350kg積載が可能な新しいAPEのモデルが登場しました。
1958年 大きなドアを備えた運転席とホイルハウスを設け、
170ccのエンジンを備えたAPEが登場しました。
1966年 190ccの2ストロークエンジンに変更しました。
1969年 50ccエンジンのAPE50が誕生しました。
1971年 新しいシャーシーとより広くて快適な運転席と後部に積みこまれた220cc・2ストロークエンジンのAPEが登場しました。
1982年 APE・TMが誕生しました。軽合金のドラムブレーキを備えました。
1988年 4月30日から11月29日まで7カ月、リスボンから北京まで20か国、合計25000キロの道のりを横断しました。
1984年 APEディーゼル車両を生産。
1994年 荷台にロールバーを備えオーディオを完備した若者向けのAPEクロスカントリーが誕生しました。
1996年 2つのヘッドライトと方向指示器、4速ギア、毎分5600回転の電気スターターが備わった新しいAPE50のモデルが登場しました。
1998年 ヨーロッパの汚染の規制によりAPE50に触媒装置が装備されました。また同じ年にAPEの電気自動車が登場しました。


 

Copyrights (C) 2003-2005 Piaggio & I MPROVE. All rights reserved. Since 2003.10.25.